FoodHealing

ハレの日には、ちょっと優雅なフルコースを ―サンシャイン クルーズ・クルーズ―

たまには、極上のロケーションで上質な大人ディナーを味わいたい。サンシャインシ60ビル58階にあるサンシャイン クルーズ・クルーズは、そんなオーダーに応えてくれる。大人の目と舌にかなうフレンチベースの創作キュイジーヌをご堪能あれ。

Share
Facebook Twitter LINEで送る Google+

メイン料理が数種類から選べる「ファイブスタークルーズコース」

店内は、広々とした開放的なフロア。中央には存在感のあるグランドピアノが置かれている。活気のあるオープンキッチンの臨場感に自然と気分が高揚する。そして、窓からは息を呑むようなシティビュー。大切な人の誕生日や結婚記念日にはうってつけの店だ。

今回のオーダーはプリフィックススタイルの「ファイブスタークルーズコース」。メインの魚や肉料理が数種類から選べるだけでなく、アレルギーはもちろん苦手な食材なども伝えておけば対応してくれる。

メニューも日本語で、分からない言葉があれば親切なスタッフが丁寧に説明してくれるので、フレンチに馴染みのない人でも安心して利用できる。

和のテイストを取り入れた、日本人好みの味わい。

まずはシャンパンで乾杯しつつ、美しいお皿に盛り付けられた前菜をいただく。

サーモンとほうれん草のアスピックは、ほうれん草をお出汁で炊いてあって日本人好みの味わい。南瓜のタルトはベーコンが味のアクセントになっている。本格的だけど食べやすい、それがこの店の料理の特徴だ。

魚メニューは、真鯛のグラチネをチョイス。美しく焼き色のついた白身に、貝の旨味が染み出したスープが絡んで食べごたえ充分。

飲み物は「隅田川ブルーイング」のクラフトビールをオーダー。いつものビールより華やかな飲み口で、すっきりとした後味は魚料理との相性も抜群。

大人の舌も満足させる、本格キュイジーヌと質の高いサービス。

グラニテで口直しの後、肉料理は葡萄牛フィレ肉のグリルをチョイス。ロンググレインのオージービーフは、穀物で長期間飼育した最もグレードが高い肉。フランス料理の定番・ロッシーニ風は、フォアグラを存分に使った贅沢で安定感のある一品。

ワインをソムリエに相談すると、「ロッシーニ風のソースは少し甘めなので、柔らかさのあるカリフォルニア産メルローはいかがでしょう」とのこと。とろける肉とワインのマリアージュに、つい顔がほころぶ。

【デザート】讃岐和三盆のなめらかプリンと洋梨のババロア 旬の果実  ※季節限定

デザートの後にコーヒーをいただいていると、中央のグランドピアノから聞き覚えのあるメロディが流れてきた。生演奏は火曜と木曜だけのサービスで、リクエストに応えてくれることもあるらしい。

目で、耳で、舌で楽しむ心躍るひととき。料理やサービスの質は高いけど、敷居は決して高くない。毎日慌ただしく頑張る大人の、ハレの日のご褒美に最適なお店だ。

サンシャイン クルーズ・クルーズ

サンシャイン60ビル58F
L.O:22:15(日・祝 21:15)

ディナーコース¥4,800〜 【冷菜】【温菜】【パスタ】【肉料理】【デザート】ファイブスタークルーズコース \7,000〜 【Amuse-boucher】【Hors d’oeuvre】【Entree froide】【Poisson】【granite】【Viand】【Desert】【cafe/mignardises】

  • *価格は税込価格です。
  • *メニューは季節により変更となります。
  • *写真はイメージとなります。