EventPlayLearningHealing

どこにいるの?まるでクイズ!華麗なる“化け技”を見て見て!サンシャイン水族館 「化ケモノ展」

身を守る際に体を細くして木の枝のような姿になり、敵の目を欺くフクロウ「アフリカオオコノハズク」 身を守る際に体を細くして木の枝のような姿になり、敵の目を欺くフクロウ「アフリカオオコノハズク」
Share
Facebook Twitter LINEで送る Google+

自然界を生きぬくアメイジングな能力に驚きの連続!

サンシャイン水族館で開催中の、”化ける”ことで身を守ってきた生きものたちにスポットを当てた特別展「化ケモノ展」がなんと累計来場者10万人突破いたしました!そこで、2019年2月11日まで延長いたします!

外敵から身を守るため、また狙った獲物に気づかれずに近づくために、生きものたちはさまざまな進化を遂げてきました。自らの色や形を変えて背景に溶け込む”擬態”をする生きもの、成長すると色や模様が変わる魚など、不思議な力をもつ”化ける”生き物たち約30種が池袋に大集結!!!普段はなかなか目にすることができない珍しい生きものたちを、サンシャイン水族館が認定した「5段階の擬態レベル」に分けて詳しい解説とともに展示していきます。

【擬態ランク】
Lv.5 神   よく見ても、わからない
Lv.4達人 よく見ないとわからない
Lv.3名人 近づくとわかる
Lv.2プロ 似ている
Lv.1アマチュア 似せようとしている

会場内は4つのゾーンに分けられており、「惑わしの森」と「騙しの海」のゾーンでは、巧妙に周りの環境に溶け込んだ”化ケモノ”   (擬態生物)たちを、実際に探しながら観覧できます。いろいろな場所に隠れている”化ケモノ”たちを、あなたはいくつ見つけることができるかな?生きものたちと知恵比べしてみよう♪

身を守る際に体を細くして木の枝のような姿になり、敵の目を欺くフクロウ「アフリカオオコノハズク」
©掛川花鳥園

茶褐色のカサカサした質感、尖った目と鼻先は落ち葉そのもの。「ミツヅノコノハガエル」。

もう海藻にしか見えない「タッセルドアングラーフィッシュ」は、海底を歩くようにしてゆっくり移動。

危険から身を守るために、幼魚と成魚で模様が変わる魚「タテジマキンチャクダイ」

期間中は水族館内の「ショップ アクアポケット」や「カナロアカフェ」では、ユニークな生きものたちをもっと楽しめる限定グッズや特別メニューを販売しています。

来場者が「化け」体験ができるアフリカオオコノハズクのフォトスポットも登場!

SNS映えする写真もバッチリ撮れ、子どもから大人までみんなで楽しめる「化ケモノ展」で、生命の神秘&進化の奇跡を体験してみよう。

アフリカオオコノハズクのオリジナル巾着バッグ
734円

ゼリー入り金魚鉢の中を泳ぐチョコレートのお魚。
リーフフィッシュゼリー464円

化ケモノ展

●入場料
600円

※水族館本館利用の方、年間パスポートを保持している方は、400円
※下記対象施設・イベントを利用の方は、400円(税込)
サンシャイン60展望台、プラネタリウム満天、J-WORLD TOKYO、ナンジャタウン、古代オリエント博物館等