EventPlay

心癒す美しい水族館が一転、怨霊うごめく恐怖の夜に。

Share
Facebook Twitter LINEで送る Google+

今年で3度目の開催となるホラー水族館!お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏の演出と書き下ろし脚本により、閉館後の水族館が恐怖の空間へと変貌。(2018年11月4日(日)まで)

今年のテーマは「七人ミサキ」。「七人ミサキ」とは、古くから日本に伝わる恐ろしい怪異のこと。水辺に現れる7人の怨霊は、生きた人間を1人憑り殺すたびに1人の亡霊が成仏し、代わりに殺されたものが加わる。この永遠に続く呪いのループを封印していた「七人塚」が、ある事件をきっかけに壊されてしまったことで、静かな海辺の町が恐怖に支配されていく。

〜ストーリー〜

とある海辺の町で「七人ミサキ」を封印した塚の一つを守る女性、祥子。ある日、祥子は禁断の愛を貫こうとしたために、代々伝わる掟を破ってしまいます。塚を守る他の者たちから追い詰められ絶望した祥子は、失意の中、自分が守ってきた塚を壊し、その岩を抱いて身投げします。こうして自ら「七人ミサキ」となった祥子の怨念は、他の塚を守る女たち6人を次々と呪い殺すことで復讐を遂げます。そしてあと一人憑り殺さなければ成仏できない祥子が、最後の七人目を求めて水族館に現れます。。。

静まりかえった閉館後の水族館。
入り口で音声ガイド機器とイヤホンを装着し、いざ館内へ。
九つの音声ガイドポイントを辿ります。

イヤホンから流れる祥子の悲しい物語。
血に染まった海。目をこらすとそこには・・・
ストーリーとシンクロした恐ろしい光景に心臓がバクバク。

イヤホンを返却し二階へ上がります。不気味に響く水の音と、生温かく湿った空気。予測不能な恐怖に足がすくみなかなか進めません・・・

・・・とにかく、最後の最後まで、気が抜けない展開が待っていました!

恐怖から解き放たれホッと一息♪「カナロア カフェ」で休憩を…と思ったら、何やらおどろおどろしい雰囲気。

特別メニュー。赤黒いボロネーゼの上にチーズと生ハムでリアルに仕上げた4本の指をトッピングした「BLACK ミートソース ブラッドドリンク憑き」(950円)。

お土産にもぴったりのキモ可愛いお菓子「七人モギクッキー」(432円)

摩天楼にあらわれた、白魔女と黒魔女の妖しい世界。

「Sunshine City FUN!FUN!HALLOWEEN!」(9月27日(木)~10月31日(水))に合わせ、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台に「白魔女と黒魔女の部屋」が登場。

美しく優しい白魔女”SKY”のハロウィンパーティーに招かれたというストーリー仕立てで、展望台が魔法の世界一色に。

白で統一された白魔女の部屋で
優雅にシャンパングラスを傾けて。

ん?よーくみると少し変な感じ?
魔法の鏡で飾られた大回廊を進むにつれて生じる違和感。
そう、あの優しい白魔女は、実は恐ろしい黒魔女だったのです!!

待ち受けるのは黒魔女が仕掛けた罠。

18時になると、人々に呪いを掛ける悪い黒魔女の部屋がオープン。(土・日・祝は10:00~22:00)。

扉の中は不気味な世界

あっ!見覚えのあるカボチャを発見!

Cafe Quu Quu Quu の魔法のドリンクで乾杯!
(右)カシスリキュールベースの「黒魔女“SKY”のウェルカムカクテル」(800円)、(左)ピーチ味のスイーツのような「白魔女“SKY”のお誘いデザートドリンク」(650円)

魔女になりきって写真が撮れたり、魔法のほうきで空を飛んでいるような写真が撮れるフォトスポットも。
展望台内のどこかにある”合言葉”を探し、魔女に合言葉を言うと、お菓子がもらえるかも!?

ホラー水族館「七人ミサキ」 

●開催期間 2018年11月4日(日)まで
●開催時間 18:30~22:00
※水族館の通常営業は18:00までとなります。

●場所:サンシャイン水族館

くわしくはコチラ

「白魔女と黒魔女の部屋」

●開催期間: 2018年10月31日(水)まで

●開催時間 10:00~22:00

●場所:SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

くわしくはコチラ