Food
フード研究会 Vol. 19

「ワイン」を研究!サンシャインシティ内はもちろん、パーティーでも楽しめるワインはこれ!

今回のレポートは西武池袋線沿いに住んで10年ちょっと《30代半ばのママ/ななこ》がお家で楽しむのはもちろん、レストランのお食事と共に飲める厳選ワインを紹介します。

What's フード研究会

池袋にあるサンシャインシティ、ショッピングからレジャーまでまるっと遊び尽くすのはもちろん、グルメの宝庫でもあり、どんなシチュエーションにもマッチするレストランが揃っています。私たちは、“夜”メニューを食べ尽くす「FOOD研究会」。

Share
Facebook Twitter LINEで送る Google+

あなたの一本を見つける、見つかる。こだわりのワインショップ

寒さがひとしお身に沁みるこの季節。お正月に新年会、さらにはバレンタイン…っと兎にも角にもイベントが多いのよね。そんな場面でとっても便利なのがワイン専門店「ヴィノスやまざき」さん。酒屋さんがたくさんある中で、こちらは蔵から直接買い付けをするこだわりのお店。私はいつも手土産やお家用のデイリーワインを買っているのだけど、店員さんがしっかりと相談に乗ってくださるので、外すことなく美味しいワインに巡り会えるんです。ワインは一期一会。出会ったタイミングで購入しないと、次にいつ会えるかわからない!そんなところも魅力のひとつですよね。
今回はそんな“使える”お店がオススメするワインを研究していきますね。

特別な日に、主役級の味わいのこの一本を

シャトー・ムーラン・オーラロック 2008(¥5,400)

まずオススメするのは大本命の赤ワイン。フランス産のもので、この控えめなラベルデザインや真っ赤なキャップが上品で高級感があり、大切な場所への手土産にも最適です。ワインがテーマの人気漫画でも紹介され話題性もありますが、その期待を裏切らないお味なの。上品で余韻が長い味は、柔らかい口当たりと主張しすぎない樽の香り、すべてのバランスが完璧。大きなグラスでゆっくりといただくべき、主役になれるワインです。

ワインといえば値段がピンからキリまであるので、これをお手頃と捉えるか高いと捉えるかは個人の価値観だけれど、10万円のワインに並んでも引けを取らないと言われるほどのお味は、一度飲んでみる価値があるはず!ここぞという日のためにお家で一本ストックしてみてはいかがかしら?

お味はもちろん、その背景にあるストーリーも素敵なワイン

シャトー・レゾリュー・赤ラベル(¥2,030)

いつも美味しいワインを教えてくださるスタッフの影山さんに、一番の押しを聞いたのだけど、やっぱり好みや値段などもあるから一番は断言できないと言われてしまいました…。が、その中でもある意味で一番のワインを紹介してもらったのがこちら。

こちらのお店は約100年前に小さな酒屋さんからスタートし、地酒専門店を経てワイン専門店になるのだけど、このワインはその際に一番最初に買い付けをした思い入れのある一本だそう。そんなバックグラウンドを持つワインだけど、お値段も安心なのがいいのよね!もちろん、バイヤーが一目惚れしたお味はとっても素敵よ。南フランスの陽気で元気いっぱいに完熟したぶどうは果実味が強く、しっかりしたお味。お肉料理に合わせるとすごく映える感じね。

お酒は飲んでも飲まれない。大人のハーフサイズ

モンマルト(¥2,862)

3本目はワインでなくシャンパンですが、どうしてもこの一本はオススメしたくて!このモンマルトは大手のような知名度はないけれど、味で言ったらこの値段では味わえない美味しさです。シャンパンといえばアレ!というメーカーがシャンパン市場の約8割を占めるなかで、こちらはブドウの栽培から出荷まで一貫して行っている作り手さんだそう。小規模生産で目が行き届く環境だからこそできる細かなこだわりが味に出ていて、複雑な香りやコク、さらに柔らかく細やかな泡が絶品のシャンパーニュ。さらに今日紹介するのはハーフサイズなのですが、開けてしまったら後に引けないシャンパンにとってはそこが嬉しいの。大切な日に乾杯したい!そんな日におすすめの一本なんです。(次回入荷は、2019年1月後半予定)

こだわりのワインを美味しいお料理と一緒に

生ハムとチーズの盛り合わせ(¥1,300)【メゾンカイザー(アルパ1F)】

さらに、こちらのワインたちはお向かいの「メゾンカイザー」へ、プラス1000円で持ち込みが可能なの。予めメニューを決めておけば、それに合わせたワインを相談して持ち込むこともできちゃうので、こちらでワインを選んで美味しいレストランに行くという、こだわりのディナーができちゃう。うーん、ワインの購入価格からプラス1000円なら、絶対お得!

メニューの中で特にワインと相性がいいのが盛り合わせの一品。鹿肉と牛肉で作ったサラミとこだわりの生ハムは、深い味わいと程よい塩気がワインによく合うのよね。もちろん、ミモレやカマンベールなどのワインには欠かせないチーズも盛り合わせています。

いつもの外食をちょっとこだわるだけで、もっと楽しめちゃう!そんなサンシャインディナーを楽しんでみてはいかがかしら?

ワインを始めてみたい、手土産にどれがいいかわからないという方用に…影山さんからアドバイス!アメリカのナパヴァレーを抑えるとちょっと通に見えるかも♪2018年人気だった産地で、飲みやすく愛される味。ワイン一口メモでした~。

ヴィノス やまざき

場所:アルパ1F
L.O:21:00

Reporter

ななこ
30代半ばママ

ワインって奥が深いし、ちょっと難しいけど、この研究が一歩踏み出すきっかけになればいいなぁ~♡