Moonlight City ようこそ、夜のサンシャインシティへ

トレンドを生み出す最先端のグルーヴにのせて“東京の夜”を切り取る『Tokyo Midnight Groove』。@コニカミノルタプラネタリウム“満天”

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityでは、2019年7月26日(金)より夏の新作『Tokyo Midnight Groove』を上映します。アーバンな東京の夜をポップに魅せる本作品では、いままでにないアプローチで東京の夜景と星空の美しさを表現しています。

今年開業15周年を迎えたコニカミノルタプラネタリウム“満天”の第二弾作品『Tokyo Midnight Groove』は、“東京の夜“をテーマにした作品。

Google+で300万人以上のフォロワーを抱える注目の写真家・山本高裕氏との全面コラボによって製作された本作品は、私たちがいままで目にしたことのないようなアングルから切りとられた大都会のドラマチックな映像が楽しめます。脚本は、数多くの映画やテレビドラマを手掛ける北川亜矢子氏が担当、ナレーションには人気声優の梶裕貴、花澤香菜の二名をダブルキャストで起用。大都会に暮らす男女が紡ぐドラマが、新鋭アーティストたちによる美しい映像と音楽に合わせてドラマティックに展開していきます。

夜景を見下ろす浮遊感。

本作品の楽曲は、iri/WONK/Cornelius/SIRUP/TENDRE/向井太一(※50音順・敬称略)とプラネタリウム“満天”史上過去最多となる6組が担当。作品テーマに合わせて独自にプレイリスト化した最先端のグルーヴは、東京のミュージックシーンをリードするアーティスト陣ならではの魅力があふれています。東京の夜に色彩を与える音楽も、映像と合わせてお楽しみください!

川面から見上げる夜景

東京で暮らす男女二人のストーリーをリアルに展開した『Tokyo Midnight Groove』は、カップルはもちろん女性同士でも楽しめる内容となっています。二人でお出かけの際には、ぜひ大人気のプレミアムシート「芝シート」「雲シート」がオススメです♪

草原の開放感を味わえる「芝シート」は、ドームの前方に広がるフルラットの観覧席。体に負担がかからないエアウィーヴを採用しているので、ゆったりと寝転がりリラックスできます。真っ白でふかふかの「雲シート」は、雲に寝そべって星空を眺められる夢のようなソファ。「プラネタリウムは座って鑑賞するもの」という常識を覆した“満天”でしか体験できない贅沢な時間をお過ごしください!

『プラネタリウム作品『Tokyo Midnight Groove』』

●音楽
iri/WONK/Cornelius/SIRUP/TENDRE/向井太一

●ナレーション
梶裕貴/花澤香菜

●撮影協力(ロケーションアドバイス)
山本高裕

●上映期間
2019年7月26日(金)~

●上映時間
約40分

●鑑賞料金
一般シート/1,500円(大人・中学生以上)
芝シート/3,500円、雲シート/3,800円
※芝シート/雲シートは上記金額に大人二名様分の鑑賞料金が含まれます。

●作品詳細WEBサイトはこちら

コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City

●場所
ワールドインポートマートビル屋上

●営業時間
11時の回~20時の回

●その他
休館日、追加上映回、料金、アクセスなどは下記ウェブサイトでご確認ください。
※上映時間、休館日、追加上映回など、シーズンによって異なります。

●公式サイトはこちら