Moonlight City ようこそ、夜のサンシャインシティへ

フード研究会 Vol. 35

夏バテ対策にも美味しさ追及にも!「にんにく料理」を研究!

池袋は学生のときからの行きつけ!飲むのが大好き♡特技は定時で上がること!上司と後輩に揉まれる《20代後半OL/カオリン》が夏を乗り切るためのにんにく料理をご紹介!

What's フード研究会

池袋にあるサンシャインシティ、ショッピングからレジャーまでまるっと遊び尽くすのはもちろん、グルメの宝庫でもあり、どんなシチュエーションにもマッチするレストランが揃っています。私たちは、“夜”メニューを食べ尽くす「FOOD研究会」。

ジューシーなステーキでがっつりニンニク摂取

ワイルドステーキ シングル(¥1,200)

店主であるお母さんの人柄で、いつも人が集まってしまう「ステーキのくいしんぼ」さん。こちらは、いろいろな部位をそれぞれのグラムで楽しめるステーキ専門店です。特に9種類のソースから選べるのが魅力!!!今回はもちろん「にんにくバター醤油」をチョイス。お肉はソースに合うがっつりした、ワイルドステーキのシングル(250g)に決定。こちらはカナダ産の肩ロース肉で、赤みでしっかりしたお肉の味わいが楽しめる部位。部位によってオススメの産地から仕入れているのが、このお店のこだわりだそうですよ。

焼きたてジュージューのお肉は、上に乗ったガーリックチップとジュワァッと溶けるバターが、もはやアート。お肉~!!をしっかり味わえるけれど硬さはなく、しっかり満足感あり。下に敷かれたもやしもまたいい仕事してるよね~!インゲン、コーンも絶妙!
さらに、今日合わせるのがハードシードル。りんごを発酵させて作ったお酒なのだけど、肉~!にんにく~!という感じを爽やかにケアしてくれる、さっぱりほんのり甘い味わい。ボトルも可愛いし、暑い夏にぴったりの爽快な飲み口のお酒です!

シングルで250gですが、足りない人はダブルいっちゃって!

ステーキのくいしんぼ

場所:アルパ3F
L.O:21:30

老舗洋食屋さんのコスパ最強ハンバーグ

和牛ハンバーグステーキ ガーリック焼(¥800)

サンシャインシティの開業時から、このレストラン街を支える長寿店であり、この界隈で働く人から圧倒的な支持を得ているのが、こちらの洋食屋「バンビ」さん。手作りにこだわる洋食は、ランチはもちろん、夜の時間帯までとってもコスパがいいの。

そんなお店で、今日のニンニクにぴったりなのが「和牛ハンバーグステーキ ガーリック焼」。熱々の鉄板に牛肉100%のハンバーグ、ナポリタン、付け合わせのコーンが乗っています。このハンバーグはもちろん、ナポリタンまで仕事がとても丁寧で、昔ながらの優しい味わいなんです。

ハンバーグは昔のままのレシピで、飴色になるまでしっかり炒めた玉ねぎと生の玉ねぎを二刀流で使用。しっかり捏ねてドッシリした味わいもまた美味しいんです。そこにみじん切りの玉ねぎとニンニクがどっしりしゃっきりのっています。これね、ものすっごくガッツリくる系のニンニクです!めっちゃパワーもらえそう!!さらに、ナポリタンはケチャップ風味はありつつも洋食屋さんの上品さがあります。隠し味に自家製のデミグラスソースが入っていて、コクがある味わい。

この味わいにぴったりなのがすっきり飲める、ペパーミントハイ!綺麗で爽やかなグリーンのリキュールに、昭和感のある瓶の炭酸水をセルフで注ぎます。すっきり清涼なミントの味で、飲み心地爽やか~!

温かみのある内装も素敵なお店で、おひとり様にも優しい系です。がっつり食べたい日はヘビロテ♪

バンビ

場所:アルパ3F
L.O:21:30

これぞまさに!韓国料理でにんにくフルコース

これまでのFOOD研究会で、肉料理、激辛料理で紹介している「韓豚屋(ハンテジヤ)」さんは、サンシャインシティ内で大人気の韓国料理屋さん。それもそのはずで、何食べてもとにかく美味しいの~!その理由はやっぱり素材にこだわっていること。そんな「韓豚屋(ハンテジヤ)」さんのこだわりの一つであるニンニクは、青森産!大きめのごろっとした粒で、栗!?と思うほどホクホクしていて、とっても甘いの♡それもそのはず…青森ニンニクは極寒の中で育つから甘味があり、糖度はフルーツより高い35度もあるそう!
そんなニンニクを思い切り食べられるのが「青森ニンニクと青唐辛子のチヂミ」。ニンニクがゴロッとそのまま入っていて、ホックホク、青唐辛子がキリッと辛い一品です。何よりも、このカリカリ、さっくさく感は家ではなかなか出せない、本格的なチヂミです。

もちろんこのお店に来たら、頼まないわけがないのがサムギョプサル。しかも今日のチョイスは「THE⭐︎ニンニクサムギョプサル」にしちゃいますよ。ここのサムギョプサルはご紹介済みですが、お肉は厚切りでも臭みがなく、溶岩プレートで焼くことでさらにふっくら美味しいんです。そこに、これでもか!というくらいたっぷりの塩ニンニクソースが乗っています。香ばしいニンニクの香りが漂ってきたら、お肉を野菜で包んで頂いちゃいますよ。くぅ~!さらにこれをチャミスルでぐぐっとね。ここはロックで頂きます!

ここまででも十分ニンニクは堪能しましたが、さらに追いニンニクしちゃうのが「〆のガーリックチャーハン」。サムギョプサルのあとにオーダーできる〆メニューで、目の前の溶岩プレートで焼いてくれます。ニンニク感満載の味付けに、さらにバターとフライドガーリックでお腹いっぱいなはずなのに、ぐんぐん食べられちゃい…もはやニンニクの呪い(笑)。
これだけ食べたら、ニンニク臭なんて開き直っちゃお!!帰り際にシュシュっとニオイケアできるように、お店の入り口に消臭スプレーが用意されているのも嬉しい心遣いでした。

韓国料理といえばやっぱりニンニクなので、夏に負けないお店決定版です!

韓豚屋

場所:アルパ3F
L.O:22:30

Reporter

カオリン
20代後半OL

研究を理由にめっちゃニンニク三昧しちゃったけど、最近は食べたあとのケア用品も進化してるし、問題なし!この夏はニンニクパワーで乗り切りましょ!